AGAの進行速度とは

鏡を見ている男性

男性脱毛症はAGAとも呼ばれ、多くの男性の薄毛の症状はこのAGAであるといわれています。
AGAの特徴としては、早い人だと20代前半あたりから、徐々に頭部の頭頂部や前頭部の髪の毛の一部が薄くなっていくという特徴があります。
そのままの状態が長年続くと、広範囲にわたって髪の毛が薄くなり、頭頂部あるいは前頭部の髪の毛がほとんどない状態になってしまいます。
どのくらいの期間でそのような状態になるのかということに関しては、個人差がありますが、早くて30代後半あたりになると、一部の髪の毛が生えていない状態になることがあります。
ただし、これはあくまで一例であり、進行速度も様々です。
人によっては、一気に抜け毛が増えて、薄毛が進行していくというタイプもありますし、ゆっくりと薄毛が進行していき、50代くらいで薄毛が広範囲にわたり広がるということがあります。
そこで、このような状況を防ぐために、最近では薬を服用することでAGAの進行を止めることができます。
なぜ、薬を内服するとAGAの進行を止める、あるいは遅らせることができるようになるのかというと、薬の中にAGAの原因とされる男性ホルモンの一種の働きを抑える成分が含まれているからです。
薄毛には薬を使って進行を止めることはできるようになります。
もし、薬を服用してAGAの進行を止めるのであれば、なるべく早い段階で服用していくということが大事になってきます。
服用時期が早ければ早いほど、進行を止めることができます。
しかし、かなりAGAが進行した段階で薬を服用しても、あまり効果を感じることができなくなってしまいます。
最近では、遺伝子検査などで自分が薄毛になるかどうかを判断することができるようになってきますから、事前に検査をしてみるということも大事になってきます。
取り返しのつかないところまで行く前に、AGA治療で薄毛を改善しましょう。

関連記事