• ホーム
  • AGAはどうやって判断するのか

AGAはどうやって判断するのか

薬と水カップを持っている男性

男性の中には、薄毛で悩む人がたくさんいますが、その多くがAGAであるといわれています。
しかし、薄毛であるからと言って、誰でも必ずしもAGAであると断定することはできません。
もし、AGAではない薄毛の場合、最近増えてきた医療機関で行うことができるAGA治療では、効果を得ることができないということになります。
では、どのようにして自分がAGAであるかどうかを判断するのかというと、まず自分の薄毛の状態である程度判断することができます。
もし、自分の薄毛の状態が頭頂部や額の生え際の髪の毛の一部が細くて、薄い状態であるのであれば、AGAである可能性が高いということになります。
そしてその状態が、20代の頃から始まり、徐々に進行していっているのであれば、可能性はより高いということがいえるでしょう。
次に、検査によって判断するという方法もあります。
AGAは遺伝性があるので、遺伝子検査をすることによって、自分の薄毛の状態を判断することができます。
方法としては、主に自分の口の中の粘膜を採取して郵送したり、直接医療機関にいって検査をすることができます。
遺伝子検査であれば、科学的な根拠に基づいて判断するので、かなり高い確率で判断することができます。
また、単に薄毛の原因を判断するだけではなく、薬の効果がどれくらいであるかということも判断することができるようになっています。
検査をしないで判断する方法もあり、例えば、自分の父親や祖父、親戚に薄毛の人が多い場合はAGAを発症する可能性が高いということになります。
ただし、これは自分の目だけで判断することになるので、医療機関の検査よりも精度の高い判断をすることは難しいといえるでしょう。

関連記事
サイト内検索